Product

断熱性能に優れた硬質ウレタンフォームと石膏ボードの断熱複合パネルアキレス準不燃NDパネル

アキレス準不燃NDパネル

断熱性能に優れた硬質ウレタンフォームと石膏ボードの断熱複合パネルです。

用  途
内装仕上げ下地
対応工法
接着工法、GL工法、釘(ビス)留め工法等

特長

  • コンクリート躯体に直張り施工ができます。
  • 断熱材はノンフロン発泡の硬質ウレタンフォームです。
  • 結露防止に効果的な断熱パネルです。
  • 新築だけでなく改修工事にも適した優れたパネルです。
  1. Point1:薄い仕上がり暑さ
  2. Point2:シンプルな施工
  3. Point3:内装期限のある部分に

納まり図

納まり図

施工方法(接着工法)

Step1. 下地処理

下地の条件

地下の不陸、目違い、突起や凸凹がなく、平滑になっていることが必要です。(1.8mスパンで2mm以内とする)
平滑でない場合は、均氏モルタル等で条件に適合するように調整ください。

付着物の除去

下地に接着の妨げとなるようなホコリ、油や錆などが付いてるときは取り除いてください。

Step2. 接着剤の塗布

接着剤の塗布

接着剤メーカー推奨のコテを使用して、パネル裏面に図の通りに格子状に塗布してください。

<塗布量>

550〜600g/m²を目安としてください。

推奨接着剤
製品名 会社名
KMP10 コニシ(株)
PM525 セメダイン(株)
MS-850 (株)タイルメント
  1. ※上記はすべてJIS A 5547 F ☆☆☆☆穂志認定品
  2. ※その他、接着条件につきましては、接着剤メーカーの注意事項に従ってください。

Step3. 圧着

張り付け後は、一枚毎に当て板をして、中央部から端部へ均等に木槌などでたたき込み、十分に圧着してください。

接着剤の塗布(格子状)/アキレス準不燃NDパネルの施工断面

アキレス準不燃NDパネルはGL工法※1、下地組工法※1※2による施工も可能です。

  1. ※1.内部結露を防止するために、躯体とNDパネル間の中空部分に室内の湿気が回り込まないよう、パネル四周を密閉するなどの配慮が必要です。
  2. ※2.くぎまたはビス等で留め付ける際はフォームの潰れによる段差が生じないようご注意ください。

製品規格(アキレス準不燃NDパネル)

厚さ
(mm)
幅×長さ
(mm)
熱抵抗(フォーム部分)
[m2・K/W]
重量単位
(kg/m2
備考
石膏ボード 9.5mm品 左記の重量は石膏ボード部分の公差の最大側で算出しています。防水石膏タイプもございます。
10 910×1,820 0.3 9.6
15 0.5 9.8
20 0.8 10.1
25 1.0 10.2
30* 1.2 10.4
石膏ボード 12.5mm品
10 910×1,820 0.3 12.3
15 0.5 12.5
20 0.8 12.8
25 1.0 12.9
30* 1.2 13.1
  • * 受注生産品
  • ※熱抵抗は、四捨五入によって小数点以下1桁に丸めた値とする。
  • ※熱抵抗の計算方法はこちら