Product

アスファルト系防水工法(熱工法)に対応した屋上露出防水用断熱材アキレスボードGFノンフロン(高密度)

アキレスボードGFノンフロン(高密度)

屋上断熱防水工法は屋上スラブの外側に断熱材を施工する工法(外断熱工法)です。
躯体を熱応力による劣化から守るほか、最上階の温熱環境の向上に貢献します。

用  途
RC造の屋上
対応工法
熱アスファルト断熱防水工法等

特長

  • 断熱性能に優れた硬質ウレタンフォーム断熱材です。
  • アスファルト熱工法用の断熱材です
  • 寸法安定性に優れます。
  • ※常温工法に使用する場合は、事前に接着剤耐性についての確認を行ってください。

納まり図

納まり図

施工方法

施工方法

製品規格(アキレスボードGFノンフロン(高密度))

厚さ(mm) 幅×長さ(mm) 熱抵抗[m2・K/W] 重量単位(kg/m2 備考
25 605×910 1.0 1.25 20枚/
ケース
30 1.2 1.43 17枚/
ケース
35 1.4 1.56 14枚/
ケース
40 1.6 1.74 12枚/
ケース
50 2.0 2.13 10枚/
ケース
60* 605×850 2.4 2.49 8枚/
ケース
  • * 受注生産品
  • ※熱抵抗は、四捨五入によって小数点以下1桁に丸めた値とする。
  • ※熱抵抗の計算方法はこちら

物性(厚さ50㎜)(アキレスボードGFノンフロン(高密度)) 

項目 単位 試験方法
密度 kg/m3 35以上 JIS A 9521
熱伝導率 W/(m・K) 0.023以下*1 JIS A 1412-2
透湿係数 ng/(m2・s・Pa) 185以下 JIS A 9521
圧縮強さ N/cm2 10以上 JIS A 9521
吸水量 g/100cm2 5.0以下 JIS A 9521
  • *1 第三者試験機関による測定値(試験はJIS A 1412-2による)