Product

環境対応

安心の製品

  • ノンフロン

    建物の断熱性を高め、省エネ=CO2排出量削減を図ることは地球温暖化対策の基本です。

    アキレスボードは、オゾン層破壊係数ODPだけでなく、地球温暖化係数GWPの面でも環境性能に優れたHCガス(非フロン)を使用しています。HCガスは従来のフロン系ガスに比べ熱伝導率がやや大きいという性質がありますが、アキレス独自の製造技術により、セル(発泡剤が封入された空隙)の構造を改良することで、従来通りの優れた断熱性能と機械的物性を維持しています。

    ECO PROJECT

    フロン系発泡剤のうちオゾン層を破壊するもの(CFC、HCFC)はウレタンフォームでは既に使用されていません。オゾン層を破壊しないHFCでも地球温暖化係数(GWP)が非常に高いという問題があります。アキレスボードはGWP値も低いHCガス(非フロン)を使用しています。

  • フォームの電子顕微鏡写真(30倍)

    • ノンフロンフォーム(HCガス使用)ノンフロンフォーム(HCガス使用)

安全性の追求

  • ISO9001の取得

    お客様のニーズや市場動向を的確に捉え、お客様に満足していただける製品・サービスを提供する仕組みの基準として、全事業部で品質マネジメントシステムの国際規定(ISO-9001)を取得し運用しています。そして「品質保証規定」で、各事業部の事業部員が品質保証の責任者として品質目標を設定し、安全で安心な製品・サービスの提供に努めることを定めています。

環境への取り組み

  • リサイクル

    当社では、生産時に発生した端材や不良品は外部にて固形燃料(RPF)化し、石炭やコークス等、化石燃料の代替として多くの産業で利用されています。

    固形燃料(RPF)

環境配慮型製品の開発

  • 業界最高水準の断熱性能を有する「ジーワンボード(Z1ボード)」

    建物室内の保温効果を高めることで冷暖房時の消費エネルギーを抑える効果が高まります。つまり、温室効果ガス排出低減効果です。建物室内の保温効果を高める方法として、熱伝導率の低い材料を外気と内気の境界(壁面)に使用することが一般的に行われています。
    当社は、熱伝導率0.018W/(m・K)という業界最高水準の断熱性能を有するボード型の断熱製品「ジーワンボード」(Z1ボード)の開発に成功し、2017年10月より販売を開始しました。

    • ※2019年1月末時点で発売されている建築用断熱材のうち、真空断熱材など断熱性能の発現機構が一般の繊維系断熱材、発泡プラスチック系断熱材と異なるものは除く。 

    ジーワンボード(Z1ボード)